アラフォーの一日 シミが気になる

最近、シミやくすみが超気になる。
若い頃、多少日焼けをしても冬がくれば肌が元に戻っていた気がしたのに、なんだかいつまでもくすんだまま。
そのまま色を吸収してしまっているのかな〜

 

最近特に目立つシミ
特に30代からのシミは、単なる紫外線による日焼けだけでなく、女性ホルモンやストレスにも影響を受ける肝斑(かんぱん)の可能性もあるんだとか。
その他にも、肌への刺激によってできる色素沈着のシミや遺伝的な要素が高いといわれているそばかすがあるみたい。

 

シミの例としてあげられるのが、「肝斑」CMでもやってたこともあって、ここ数年でだいぶしられてきたけど、これは肝斑?
こっちにあるのは日焼けでできたシミ?
とどれがどのシミかわかんないし、個人差もあるからわかんない。

 

目安としていえることは、シミが現れている部位とカタチなんだとか。
一般的には、肝斑は頬骨のあたりを中心に、絶対とは言わないけど、左右対称にできやすいのが特徴。
頬骨からこめかみにかけてもやっと広がったような色素沈着があるとか、額や口の周りなどにも広がっているシミの場合は、肝斑の可能性が高いらしい。

 

あと、日焼けしていないのにシミができたとか、美白ケアをしているのにシミができた場合は肝斑たど思ってもいいのかも。
これらが個々にできる場合と重なってできる場合とケースはまちまち。

 

とはいっても、皮膚科専門の医師ですら、肝斑とそれ以外のシミの見分けは難しいんだとか。
思い込みもまたこわい。
危険!
ということも頭のすみっこに置いとくべきだね。

 

例えば、日焼けによるシミを取るのに効果的といわれているレーザー治療やピーリングをした場合、かえって悪くしてしまうという場合もあるんだってさ。
全てのシミをつくる原因の代表的なものは紫外線
紫外線に当たれば肝斑ができやすくなるメカニズムは同じ。

 

でも、シミの悩みを抱えるのはほとんどが女性
同じ紫外線を浴びているのに、どうして男のひとにはできにくいのか と疑問が。

 

男の人に比べると、女の人の皮膚の厚さが薄い傾向にあるというのもあるみたいだけど、それ以上に影響が出るのは女の人は男の人に比べて肌に触わる機会が多いからだってー!
毎日のメイク、洗顔やクレンジングからはじまる毎日朝晩のお手入れ。
必要なこととはいえ、男性より圧倒的に肌を触ってる。
だからってお手入れしない方がいいのかってというとそれは違うみたいで弱い繊細な女の人の肌だからこそ、毎日の お手入れは大切。

 

でも、間違えたやり方や肌を適当に扱うようなことがあれば逆に肌にとって過剰な刺激になるから気をつけなきゃ。
化粧のりを良くする顔剃りも刺激のひとつ。
だからこそ、正しいお手入れや正しい顔剃りを知っとくといいかも。
あと、目を触るのもよくないみたい。
目の周りのシミやくすみが気になる私はムダに目を触らないように気をつけなきゃ。